Tokyo Q Studio

Web制作・WordPress・BootStrap・DTM制作・SEO対策

ウェブページを保存して閲覧できる、魚拓関連ウェブサービス10選

登録しておくと自動でキャッシュしてくれるっぽい。
気になるサイト登録しとこうかな。


iPhoneから送信

 

ネットにおける「魚拓」といえば、ウェブページのキャッシュをクラウド上に保存すること、およびそのサービスを指す。将来的に消えてしまう可能性があるページを保存しておき、あとから参照できるようにするこれらのサービスは、サーバに何らかの障害が発生してオリジナルのページにアクセスできなくなった時の代替としても使えるほか、世代ごとのコピーを保存するクリッピングの用途にも有益だ。

今回は、任意のウェブページをクラウド上に保存できる、いわゆる「魚拓」サービスと、ウェブページのキャッシュを定期的に保存しているウェブサービスを紹介する。これらを使いこなせば、万が一の場合にオリジナルのページが見られなくなっていて困り果てることもなくなるはずだ。併せてウェブページの内容を画像化もしくはPDF化して保存できるサービスも紹介するので、用途に合わせて役立てていただきたい。

ウェブページのキャッシュを保存するサービス

まずはスタンダードな魚拓サービスを4つ紹介する。任意のURLを入力することで、そのページのキャッシュをオンラインに保存し、共有できる。まさに「魚拓」という表現が相応しいサービスだ。

  • 「ウェブ魚拓」

◇スタンダードな日本語魚拓サービス「ウェブ魚拓」

国内でウェブの「魚拓」といえばこれを指す、事実上のスタンダードといっていいサービス。URLを入れてボタンを押すだけでウェブページのキャッシュデータを保存できる。裁判資料などに使える有償の非公開サービスも用意されている。

  • 「FreezePage」

◇日本語も利用できる海外の魚拓サービス「FreezePage」

海外の魚拓サービス。URLを入れてボタンを押せばキャッシュが保存できる。ユーザー登録することでフォルダによる分類が行えるほか、世代ごとのコピーを保存できるなど、クリッピングサービスとしての性格も併せ持つ。

  • 「Peeep.us」

◇シンプル操作のウェブページ魚拓サービス「Peeep.us」

こちらも海外の魚拓サービス。IPアドレスなどの情報を表示するヘッダ部の面積が他サービスに比べて狭いため、見た目はオリジナルとほとんど変わらないのが特徴。生成されるキャッシュページのURLが短いのもメリットの一つだ。

  • 「ひよっ」

◇魚拓機能がついた国産の短縮URLサービス「ひよっ」

国産の魚拓サービス。正確には魚拓機能付きの短縮URLサービスといったほうが正しい。ウェブページをキャッシュすると同時に短縮URLを発行してくれるので、サーバダウンやページ削除時のみキャッシュを表示するといった使い方ができる。

ウェブページのキャッシュを閲覧するサービス

ウェブページの保存に関連したところで、ウェブページを巡回してキャッシュしている著名な2つのサービスも紹介しておこう。魚拓サービスが任意のウェブサイトしか保存されないのと異なり、これらは機械的にクロールして保存されるため、過去のページを呼び出したい場合に便利に使える。

  • 「Wayback Machine」

◇インターネットの総合アーカイブ「Wayback Machine」

Internet Archiveが運営する、インターネットの総合アーカイブ。古いものだと1990年代の後半からのウェブページのキャッシュが保存されている。URLを入力するか、単語(日本語非対応)を入れて検索することで過去ページを表示できる。ただしウェブ全体をカバーしているわけでなく、巡回頻度も一定していないので、URLと時期を指定してピンポイントで探し出せるほどの精度はない。

 

◇キャッシュ機能で過去のページをすばやく表示できる「Google」

検索エンジンであるGoogleのキャッシュ機能は、過去のページを参照したい場合のツールとして有用だ。つねに最新版に置き替えられているので何年も前のページを見るといった用途には向かないが、サーバが落ちている際にページの内容を参照したり、削除されたページの内容を参照する用途に向く。

ウェブページを画像化して保存できるサービス

厳密には魚拓サービスとは異なるが、ウェブページを画像もしくはPDF化して保存できるサービスも、ファイル共有サービスなどと組み合わせればカジュアルな記録用途として利用できる。ページの内容が改変可能であることや、取得した日時やIPアドレスが記録されないなど、魚拓サービスとの違いを理解した上で活用するとよいだろう。

  • 「Gyazo」

 

◇スクリーンショットをオンラインで共有できる「Gyazo」

PCにあらかじめソフトをインストールしておくことで、画面上で選択した範囲を画像化してアップロードし、共有できるサービス。削除申請しない限り半永久的に保存されるので、擬似的な魚拓サービスとして使える。24時間で削除される類似サービス「Gyazo24」 もある。

  • 「Browsershots」

 

◇ウェブページのスクリーンショットを取得できる「Browsershots」

指定したブラウザのバージョンごとにスクリーンショットを取得するサービス。本来はブラウザごとの表示の違いをチェックするサービスだが、スクリーンショットがオンラインにアップロードされたままになるので、一時的に共有したり、画像をダウンロードすることも可能。環境によっては日本語が文字化けするので注意。

  • 「Capture Full Page」

 

◇ウェブページを1枚の画像でキャプチャできる「Capture Full Page」

スクロールキャプチャにも対応した、ウェブページを画像化して保存できるサービス。共有機能はないのでクラウド上でシェアするにはファイル共有サービスなどを使う必要があるが、ローカルへの保存用途であれば便利に使える。FlashやJavaScriptで生成しているエリアは読み込まれない場合がある。

  • 「PDFmyURL.com」

 

◇ウェブページをPDF化して保存できる「PDFmyURL.com」

表示しているウェブページをPDFに変換して保存するサービス。共有機能はないが、最終的にPDFとして手元に残したい場合には便利だ。Chromeエクステンションが用意されているのもメリット。メニューが日本語化された同等サービス「HTML to PDF Converter For Free」 もある。

  関連記事

  • OS XからExtFSへフルアクセスできる「Paragon ExtFS」の新バージョン
    Windowsのデータがフルアクセス! 意外に便利です。 持ってて損はありません! iPhoneから送信 パラゴン ソフトウェアは、Mac OS XからLinuxファイルシステムへのフルアクセスを可能 ...
  • USBストレージをWiFi NAS化する iUSBPort 国内発売 、FTP / SMB / DLNA対応
    これはこれで便利そうだ。 http://japanese.engadget.com/2… iPhoneから送信 アクトツーが、USBストレージをWiFi化する iUSBport を国内発売 ...
  • 複数のGoogleアカウントを使い分けられる予定表アプリ『Skymee(スカイミー)カレンダー』
    アカウントが増えると大変。 使い分けにどうぞ! http://www.lifehacker.jp/2013/… iPhoneから送信
  • Web担当者・Webマーケターに便利なChrome拡張機能7選(Google公式編)+2
    http://web-tan.forum.impressrd… 必須と言われたら試してみたい。 iPhoneから送信
  • 20140729_03
    入力フォーム改善でCV率1.6倍!成果を上げる18のテクニック
    目次1 入力フォーム一つでコンバージョンが改善!2 紹介サイト 入力フォーム一つでコンバージョンが改善! 入力フォーム、大事です! 多過ぎるのもダメだし少な過ぎるのも営業に差し支えます。 欲張るとお客 ...
  • Macintosh SE/30をiPadケースに改造した作品がヤフオクで 落札される
    それなりに売れるでしょう。 何故かと? 僕も欲しいからですw http://internet.watch.impress…. iPhoneから送信
  • 結構使えるiOSで動く耳コピアプリ、Chordana Viewer : 藤本健の“DTMステーション”
    http://www.dtmstation.com/arch… <iframe width=”640″ height=”480″ sr ...
  • IPA06
    iPhonePEOPLE今週のまとめ(3/31~4/6)|Mac
    アプリコレクターとしてはチェックです。 http://weekly.ascii.jp/elem/00… iPhoneから送信
  • Macが遅い! そんな時に使いたい、未使用のRAMを解放してくれる『Memory Clean』
    前使ってました。 今は…なんだっけ…有料のやつです(笑)   http://www.lifehacker.jp/2014/…
  • ネット広告の訴求力をPV数ではなく注目度合いで決める「Attention Web」という考え方
    去年中旬から流行り出した動画広告もそうですが、半端ないPVを叩き出せます。 なのでサイト流入数は下手すれば10倍取れます。 ここに落とし穴があると思います。 最初はリターゲティングと併用すればそれなり ...