Tokyo Q Studio

Web制作・WordPress・BootStrap・DTM制作・SEO対策

IEEE802.11ac対応のギガビット無線LANルータをWindows/Macで試す – バッファロー「WZR-1750DHP」

ほっほ~、1.3Gとは。
まだまだ高いですが期待大です!


iPhoneから送信

新しい無線LAN規格「IEEE802.11ac」(以下、11ac)対応をうた無線LANルータの販売が解禁された。5GHz帯の電波を使い、現時点では理論値最高1.3Gbpsの通信が可能という点を売りにしている。現在主流のIEEE802.11nは理論値450Mbpsと、Gigabit Ethernetに比べ遅いという欠点があったが、11ac機器の登場により、無線LAN(Wi-Fi)でも有線LANに負けない快適なネットワーク環境の構築が可能になる(理屈上は)。

今回はバッファロー製「WZR-1750DHP」を使い、本当にGigabit Ethernetに迫る性能が発揮できるのか検証してみたい。まだ登場ホヤホヤの製品なので、実売価格が20,000円弱と高い印象のあるデバイスだが、投資に見合ったパフォーマンスが現在の環境で出るのかが見どころだ。

期待の新規格「IEEE802.11ac」に対応した「WZR-1750DHP」。付属のスタンドで縦置きでも横置きでも使える

アンテナなし&付加機能満載モデル

まずはWZR-1750DHPの簡単な紹介といこう。全体のデザインは、最近のバッファロー製無線LANルータとほぼ共通。アンテナらしいアンテナは存在せず、非常にスッキリとしたデザインだ。インジケーターLEDの意味するところが分かりにくいのがこの手の製品にありがちな難点だが、インジケーターをアイコン化することで視認性を高めている。

背面にはGigabit Ethernet対応のハブ機能に加え、USBポートを2つ備える。うち1つはUSB3.0対応だ。ここに外付け型HDDを接続すれば、簡単にメディアサーバやNAS的な運用が可能となる。USB3.0対応にすることで、本製品の高速性をより活かせるようになっているということだろう。

正面の赤いバーはAOSS/WPS接続を行なうためのボタンになっている 背面全体。USBポートに外付け型HDDを接続し、NASとして利用可能
背面上部のスイッチで、ルータモードとブリッジモード(アクセスポイントモード)を切り換えられる 4ポートのGigabit Ethernetハブ機能も備える。青い端子はWAN(インターネット)側に接続
底部にはデフォルトのSSIDやパスワードが記されたシートが入っている

 

11acを使う上で、特別な設定は特にない。5GHz帯通信時のデフォルトが11ac(1.3Gbps)仕様になっているため、11ac対応機器で接続すれば自動的に「1.3Mbps」が最初に選ばれる。初期設定時にインターネットにつないでないと先に進ませてくれないという少々意地悪なシステムだが、画面はシンプルにまとめられている。スマートフォンやタブレットなど、縦長の画面でも見やすいデザインが用意されている点は、今どきのデバイスというべきだろうか。

また、11acには直接関係ない機能だが、BitTorrentのクライアント機能や、動画・ゲームなどのデータを優先して転送する機能なども備える。搭載機能は非常に豊富で、設定をあれこれ変えて楽しめそうな印象だ。

設定はブラウザ経由で行なう。メイン画面は機能ごとにパネルで分割されている
1.3Gbpsでの通信には5GHz帯での接続が必須。デフォルトの設定は「1300Mbps」、つまり1.3Gbpsだ
2.4GHz帯では最高450Mbpsでの接続が限度。もちろん5GHz帯と同時に使えるので、ゲーム機やプリンタ/複合機などの接続に有効
BitTorrentのクライアント機能も搭載。設定画面のレスポンスが悪化するので利用価値は今ひとつかもしれない
LAN内のデバイスを一覧化し、個々の通信量をモニタする機能もある。通信量は累計ではなく、その瞬間ごとの数値だ
ゲームや動画など、優先したい用途を指定しておけば、そのパケットに帯域を多めに割り振る「アドバンスドQoS」機能
詳細なマニュアルやファームウェアは、設定画面からダウンロードサイトに直接飛んで取得
スマートフォン向けの設定画面は、ログインとホーム画面が縦長の表示

 

ブリッジモードを利用して検証

さっそくテストと行きたいところだが、今回の試用時点では、11acに対応した無線LANインタフェースを内蔵したPCは存在しない。そこで2台のWZR-1750DHPを準備し、1台をブリッジモードとして(以降子機とする)、もう1台の親機と接続。親機とサーバ、子機とクライアントPCはそれぞれGigabit Ethernetの有線LANで接続した。今回は親機と子機の通信速度をもって、11acの速度評価としたい。

今回のメイン実験のイメージ。2台のWZR-1750DHPの通信を利用して速度を測定する
(図1) 速度測定はA~Dの4地点で実施した。★の位置に親機を設置。CとDの地点は、IEEEE802.11nだと電波をつかみにくい

テストは筆者の魔境、もとい自宅兼仕事場で実施した。鉄筋コンクリート製のマンションで、ワイヤーラックや収納が多く、無線LANにはかなり厳しい環境だろう。

図1の右上「★」位置に親機を置き、A~Dの4地点に受信側(子機)が来るように設置した。比較対象として、IEEE802.11nで親機と直接接続した場合と、親機にGigabit Ethernetで接続した場合の速度も計測する。

実験に用いた機材は以下の通りだ。データの伝送経路での違いを見るため、WindowsとMacの両方で計測する。そのためクライアント側は「MacBook Pro Retina 13″」を準備した。もともと有線LANを持たないモデルだが、「Thunderbolt – Gigabit Ethernetアダプタ」を利用し、子機側とGigabit Ethernetで接続している。中身はBroadcom製のGigabit Ethernetで、BootCamp環境下のWindows8でも問題なく動作したことを付け加えておこう。

■ サーバ側
CPU : Intel Core i5-3570K(3.4GHz)
マザーボード : ASUSTeK P8Z77M-PRO(Intel Z77 Express)
メモリ : Patriot PSD38G1600KH(PC3-12800 DDR3 SDRAM 4GB×4)
グラフィック : Intel HD Graphics 4000(CPU内蔵)
SSD : Intel SSD 335 SSDSC2CT240A4K5(SATA3.0 / MLC / 240GB)
OS : Windows 8 Professional 64bit版

■ クライアント側「MacBook Pro Retina 13″(Mid 2012)」
CPU : Core i5-3210M(2.5GHz)
メモリ : DDR3-1600 8GB
ストレージ : SSD 256GB
OS : OS X 10.8.3 / Windows 8 Professional 64bit版(BootCamp利用)

クライアント側のMacはGigabit Ethernetを持たないので、アップル純正のThunderbolt変換アダプタを使用

iperfによる測定

次は性能測定の解説をする。単純なファイルコピーやFTP転送だと数値が低く出るため(管理パケットのオーバーヘッドが主な理由)、シンプルな「iperf」を用いてテストした。このテストはサーバ側とクライアント側でパラメータを指定しておく必要があるが、今回のパラメータは以下のように設定している。

ざっくりと文章化すると、1秒間隔で10回サーバに向けてデータを送信し、その時のスループットを比較するというものだ。送信するデータはiperfのデフォルトは64kbit単位だが、ブツ切りになりすぎてもオーバーヘッドの分だけ損なので、1度に送るデータ量は256kbitに設定する。

サーバ側 : iperf -s -w 256k
クライアント側 : iperf -c [サーバIP] -f k -P 1 -i 1 -t 10 -w 256k

魔境の壁は厚かった

それではWindows/Macの結果を一気にご覧いただこう。

Windows 8環境でのスループット。C点とD点では電波状況が悪いらしく、有効な値が計測できなかった
同じ場所・同じ機材を使ったMac OS X環境でのスループット。C点とD点でもかろうじて計測できた

今回のクライアント機はBootCampを使い、さらにThunderbolt接続のGigabit Ethernet変換アダプタを使うという変則的な構成だが、Gigabit Ethernetだけを使った接続(GbE)では、OSに関係なく900Mbpsを超える高い数値を出した。まずハード構成の特殊性が原因という懸念はないと考えてよいだろう。親機~子機の通信や電波の質だけが、ABCD地点でのスループットを決めると考えてよさそうだ。

11acと11nでの速度差が大きいことが確認できたが、1.3Gbpsという理論理にはやや遠い結果となった。これは仕方ないところだろう。Windows環境のほうが若干トップスピードが高く出た感じだが、それでも理論値の半分未満。鉄筋コンクリートでワイヤーシェルフが各所にあるテスト環境下では、11acの実力も削がれてしまうようだ(個人的にはそろそろ魔境の掃除でこれを解決したい)。金属製のラックなどが乱立していない木造住宅なら、もう少し良好なスループットが望めるだろう。

親機/子機をそろえるにはまだ高価か。規格の普及後に期待

WZR-1750DHPを2台使った11ac環境は、既存の無線LANより速いことは確認できたが、今回のテスト環境では思ったよりも奮わない、というのが正直な印象だ。

現状で11ac環境を整えるには、WZR-1750DHPを2台確保する必要がある(これで約40,000円弱)。PC本体と子機はGigabit Ethernetでの接続が必須となるため、機動性が損なわれるのも本製品の魅力に影を落とす。最近主流の薄型UltrabookはGigabit Ethernetを持っていないことも珍しくないため、WZR-1750HDPの快適さを体験できる機材は限定される。ただし、あくまで「現状」の話であり、また、部屋から部屋へ有線LANケーブルを引き回したくない時の解決策としては効果的だろう。

Wi-Fi Allianceが11acの認定プログラムを開始するのは6月以降。アップルは次のOS更新(OS X 10.8.4)で11acをサポートすると噂されている。となると、WZR-1750DHPの真価はそれ以降に出る新型PC/Macが出たあと、ということになるのではないだろうか。こうした状況の整備を含めて、今後の展開に期待したい。

  関連記事

  • 3Dプリンタ、米大手小売チェーンStaplesが販売へ
    このまま加速するかも。 色々な素材でできるのが欲しいです。 iPhoneから送信   Staplesは、3D Systemsの3Dプリンタ「Cube 3D Printer」を6月末より一部の ...
  • ウィンクで撮影。グーグルグラスは瞬き制御もできるようです
    メガネの人にもかけれるんでしょうか… 欲しいので気になります。 iPhoneから送信
  • スクリーンショット 2013-02-21 18.23.41
    Twitterウィジェットの簡単設置術!怖くないブログに一花咲かしましょう!
    Twitterウィジェットの設置方法は下記URLをクリックしてログインして下さい。 https://twitter.com/settings/w… ログインすると右側にこの様なボタンが出て ...
  • ブログで実際にアフィリエイトサイトを公開してみてわかったこと – たかぽんアンテナ
    愚直に素直にSEO! と、言った感じです。 記事を書くのは大変なので私の場合は一言Blogになりましたが、言葉を多く伝えたいと思えば自然とSEOできるのかも。 上げたければ捨てる。 捨てたくなければ別 ...
  • スクリーンショット 2014-11-30 19.40.30
    Google推奨!簡単にできるMaterial対応フレームワーク
    目次1 Material Design対応の使えるCSS・JSフレームワーク集1.1 Material Design Based on Google Material design1.1.1 紹介サイ ...
  • サブフォルダごとまとめてリネームできる『treeRen』(Sim pleStyle第152回)
    かなり便利でしょう…が、間違えた日には目が飛び出すでしょう! iPhoneから送信     SimpleStyleは、ライフハックできるツールを実際につくり、使い、役立てるライフス ...
  • もっと読む...
    2012-11-22|HTML4.0がまだまだ基本
    |2012-11-22
  • [CSS]スクリプト無し、レスポンシブ用のナビゲーションを表示す るちょっと素敵な7種類のアニメーション
    隠されたメニューを表示するCSS3。 最近多いですね。 カッコいいんですが… ただ、見えてないのはUI,UX的に進んで使いたくありません。 見えているものを上部で固定するなら賛成です。 http:// ...
  • 顧客流出防止に大胆な手 ドコモ、機種変更も0円
    http://sankei.jp.msn.com/econo… 引き戻し策が半端ない(笑) それぐらいでないとねぇ〜。 カバー率トップだったdocomo。 何処まで頑張れるのでしょうか。 ...
  • 要素の背景画像を伸縮してくれるレスポンシブWEBデザインに必携のjQueryプラグイン「Wallpaper」:phpspot 開発日誌
    http://phpspot.org/blog/archiv… 100%表記で出来ない場合もあるので試してみたい。iPhoneから送信