column

ピントも絞りも後から自由に変えられる「LYTRO ILLUM」発表会 – 画素ではなく「レイ」で表すライトフィールドセンサーとは?

CATEGORY PC & Web 最新技術 TAG, , ,

投稿日:2014年11月6日 更新日:

執筆者:

絞りを取った後でも変えれるカメラ。

以前にも製品でありました。
多分同じメーカーだったと思います。

しかし素晴らしい技術ですね。

 

 

余りに素晴らしいので、 引用させて頂きます。

参考サイト:http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/05/lytro/

LYTRO ILLUMを使った作品のひとつ。任意の場所をクリックするとフォーカス位置が変わる。任意の2点間をドラッグすると被写界深度が変わる

 

お分かりになるでしょうか?

奥をクリックすると奥側にピントが合います。

手前をクリックすると手前にピントが合う。

 

これホントにスゴイw。

こんな技術があれば後の修正が本当に楽になりますね。

動画になったらえらいことですね。

でもいずれ出てきそうだ・・・。

 

 

 

http://news.mynavi.jp/articles/2014/11/05/lytro/

ピントも絞りも後から自由に変えられる「LYTRO ILLUM」発表会 – 画素ではなく「レイ」で表すライトフィールドセンサーとは?

side bar

メニューはこちら

メニューはこちら