column

2012-11-30|CSS外部リンク

CATEGORY CSS PC & Web お勉強 TAG, ,

投稿日:2013年4月27日 更新日:

執筆者:

2012-11-30

CSS外部リンク

  • HTML文法の検証

f:id:Tokiyo:20121130230212p:image:w360

f:id:Tokiyo:20121130230213p:image:w360

  • 外部スタイルシートの入力①

f:id:Tokiyo:20121130230214p:image:w360






CSS外部リンク



今日買った物

  • 豚肉
  • じゃがいも
  • たまねぎ
  • にんじん

@charset "UTF-8";

* {
	margin: 0;
	padding: 0;
}
#shopping {
	margin: 50px 0 0 50px;
	padding: 10px;
	border: 1px solid#ccc;
	width: 400px;
	font-size: small;
}
#shopping h2 {
	background-color: #006CCF;
	padding: 3px 0.5em;
	color: #fff;
	font-size: small;
	font-weight: normal;
}
#shopping ul {
	list-style-type: none;
}
#shopping li {
	border-bottom: 1px dotted #ccc;
	padding: 3px;
}
    • hに対してストロング(強調)はつけない→SEO的によくない
  • 外部スタイルシートの入力②

f:id:Tokiyo:20121130230215p:image:w360


@charset "UTF-8";

* {
	margin: 0;
	padding: 0;
}
body {
	font-family:
		sans-serif;
	font-size: 1.0em;
	text-align: center;/*IE6対策*/
}
h1 {
	font-size: large;
	color: #fff;
	margin: 20px 0;
	padding: 20px 0;
	background-color: #9acf9c;
}
p {
	font-size: 0.875em;
	line-height: 1.5;
	color: #555;
	text-align: left;
	margin: 0 0 20px 0;
}
address {
	font-size: 0.7em;
	font-style: normal;
	color: #55924f;
	text-align: center;
	padding top: 8px;
	border-top: solid 9px #9acf9c;
}
.box {
	width: 480px;
	margin: 0 auto;/*順番が違えば影響されやすい*/
}
  • 外部スタイルシートの入力③

f:id:Tokiyo:20121130230216p:image:w360






無題ドキュメント



デザインの話

物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。

物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。物にはいろいろな形があります。歴史とともに多様なデザインが生まれてきました。

パッケージの色

パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。

パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。パッケージにはいろいろな色があります。歴史とともに多様な組み合わせが生まれてきました。


@charset "UTF-8";

* {
	margin: 0;
	padding: 0;
	font-size: 1.0em;
	font-family:
		"Hiragino Kaku Gothic Pro",
		"ヒラギノ角ゴ Pro W3",
		Meiryo,
		"メイリオ",
		Osaka,
		"MS P Gothic",
		"MS Pゴシック",
		sans-serif;
}

.box {
	width: 560px;
	margin: 30px 0;
}

h3 {
	width: 140px;
	padding: 2px 0 4px 0;
	font-size: 1.1em;
	color: #000;
	text-align: right;
	float: left;
}

.box div {
	margin-left: 150px;
	border-left: solid 4px #ff7f00;
	padding-left: 10px;
}
p {
	text-align: justify;
	line-height: 1.5;
	font-size: 0.875em;
	color: #888;
}
  • 外部スタイルシートの入力④

f:id:Tokiyo:20121130230217p:image:w360






無題ドキュメント




構造主義の四銃士

言語学に限られていた「構造主義」の理説ををそれぞれの分野で展開し、後の世代に多大な影響を与えたのは次の4人です。

  • ミシェル・フーコー
  • ロラン・バルト
  • クロード・レヴィ=ストロース
  • ジャック・ラカン

生まれた順番は、次の通りです。

  1. ジャック・ラカン
  2. クロード・レヴィ=ストロース
  3. ロラン・バルト
  4. ミシェル・フーコー

それぞれの功績

ミシェル・フーコー
構造論的な手法による歴史分析を通して、西欧的人間像の系譜を明らかにした
ロラン・バルト
言語=文化が社会の中で「制度」として人々に及ぼす影響を分析した
クロード・レヴィ=ストロース
構造言語学の考え方を人類学の中に導入して構造主義の方法を確立
ジャック・ラカン
「フロイトに還れ」を合言葉に、独自の精神分析学理論を展開


@charset "UTF-8";

body {
	font-size: 0.875em;
}
.content {
	margin: 0 0 25px 10px;
	width: 500px;
}
h1 {
	margin: 0 0 10px 0;
	padding: 5px 35px 10px 16px;
	background-color: #eaeaea;
	border: 1px solid #000;
	font-size: 1.6em;
	color: #036;
}
ul {
	list-style-type: none;
	list-style-image: url(../img/01.gif);
}
  • 外部スタイルシートの入力⑤

f:id:Tokiyo:20121130230218p:image:w360






縦ナビメニュー









@charset "UTF-8";

.nav {
	font-size: 0.875em;
}
.nav li {
	color: #000;
	line-height: 1.2em;
	color: #f00;
}
.nav li a {
	color: #000;
	text-decoration: none;
}
.nav li a:hover {
	color: #f80;
	text-decoration: underline;
}
  • 外部スタイルシートの入力⑥

f:id:Tokiyo:20121130230219p:image:w360


@charset "UTF-8";

.nav {
	margin: 50px;
	width: 200px;
	font-size: 1.0em;
}
.nav ul {
	magin: 0;
	padding: 0;
	list-style-type: none;
	border-top: solid 1px #aaa;
}
.nav ul li {
	margin: 0;
	padding: 10px 0 9px 1em;
	background-color: #f3f3f3;
	border-bottom: solid 1px #aaa;
}
.nav li a:link {
	color: #000;
	text-decoration: none;
}
.nav li a:hover, .nav li a:active {
	color: #f80;
}
  • 外部スタイルシートの入力⑦

f:id:Tokiyo:20121130230220p:image:w360


@charset "UTF-8";

.nav {
	margin: 50px;
	width: 200px;
	height: auto;
}
.nav ul {
	margin: 0;
	padding: 0;
	list-style-type: none;
}
.nav li {
	font-weight: bold;
	border-bottom: solid 1px #fff;
}
.nav li a:link {
	color: #fff;
	font-size: 0.9em;
	text-decoration: none;
	display: block;
	padding: 10px 10px 9px 1em;
	background-color: #393;
}
.nav li a:visited {
	color: #ff9;
}
.nav li a:hover, .nav li a:active {
	background-color: #f90;
}

2012-11-30|CSS外部リンク

side bar

メニューはこちら

メニューはこちら